Archives for : 3月2015

男女ともに、夜の営みの悩みや、身体のコンプレックスはあるかと思いますが、性生活がパートナーとの関係を左右するケースが少なくないのは否定できません。男性の射精コントロールができないことが女性にとっては満足行できなかったり、男性自身、それについてコンプレックスを抱いていることは少なくありません。しかし、性の悩みはお互い、口に出すことができず、1人で悩んでしまったり、相手を傷つけないようにと気を使ったりと満足の得られない関係になってしまいがちです。日本では早漏の男性が500万人いると推定されています。恥ずかしくて、人に言えないなんて言う方も少なくありませんが、多くの人が悩んでいるんです。そして、多くの男性が課題にしている問題でもあるのです。早漏とは、一般に挿入から射精まで2分持たない男性と言われています。気質的な問題もあるかもしれませんが、精神的なストレスも問題の一つです。様々な早漏改善策がありますが、世界初の内服薬にプリリジーという製品があります。プリリジーは、早漏の原因の一つである、セロトニンの分泌を促進し、射精までの時間を延長する働きがあります。本人の意思に反し、少しの刺激でも射精してしまい、パートナーを満足させられないという方、EDが原因で性行為にコンプレックスを抱いている方にお勧めのお薬です。日本では未だに、未承認薬ではありますが、性生活について深刻に考えている海外の多くの国では推奨されています。プリリジーを性行為の1時間~3時間前を目安に服用されますと、射精までの時間が通常の3~4倍に保たれるとされています。パートナーとの良好な関係のために、または、パートナーと将来のためにも満足のできる営みを手に入れたいものですね。プリリジーそんな方々をサポートします。

早漏に悩む人にとって、パートナーと性行為を行えないということは大きな問題です。
それを解決してくれるのがプリリジーという治療薬で、医療機関では30mgが3錠で9000円という価格になっています。
プリリジーは1日1錠飲む薬なので、1日3000円ほどの出費になります。
早漏手術など怖い思いをしないで治療薬で改善するのならば安いと感じる人もいるかもしれませんが、それでも使い続けるとなると安価とは言えません。
プリリジーをより安く手に入れるには、ネット通販を利用して個人輸入して購入する方法もあります。
医療機関で処方される医薬品のメリットは体質に合っているかどうかを医師に確かめて貰え、安全に飲めることです。
副作用などが起きても医師の診断により受け取っているのであれば、副作用に対しても相談に応じて貰えます。
ネット通販で輸入する場合はその部分を省いているので安価に購入できる仕組みになっています。
具体的な価格帯として、30mgが4錠で3000円ほどで購入が可能です。
医療機関で処方して貰ったときの1回の価格が3000円ということですから、約1/3以下の価格で使える計算になります。
個人輸入だと海外からプリリジーのジェネリック医薬品が購入出来ます。
ジェネリックであれば1錠100円台から購入可能なものもあります。
ただし、個人輸入代行業者を利用する場合には。
注文した本人以外は使えないという所は注意が必要です。
友人・知人などに対しての譲渡も禁止されています。
輸入購入可能なのは1度の購入につき1ヶ月分までが上限となっています。
安全な使い方としては、まず医療機関で医師に早漏の症状を相談の上、問題がなければ2回目以降の使用をジェネリックに切り替えるなどがオススメです。